セラピールーム燦燦

アクセスカウンタ

zoom RSS 添寝!安心と安全!

<<   作成日時 : 2010/10/08 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】応援のクリックお願いします。
9c610101.jpg

こんばんわ!

セラピールーム燦燦です。



ご訪問いただきありがとうございます。

10月になりました。



ところで、お子さんと添い寝していますか?また、小さい頃、お母さんは添い

寝してくれていましたか?


仕事上どうしても夜不在となってしまっていたあるお母さん。その母が帰って

くるのをいつも持ちこがれていたお子さん。夜、「いつ帰ってくるのだろう」と

待ち続けながら成長していったお子さんは、睡眠障害に悩まされ、身体の

不調も絶えず・・・。


眠る時の母不在はその子に不安を抱かせてしまいました。



甘えと依存は安心と安全の確保となります。それと最も効果的にたやすく

手にいれられることのできるのは、人肌のぬくもりです。肌と肌の触れ合

いは、乳幼児にとって保護を意味する体験です。起きている時も、寝てい

る時も、いつも母の肌に包まれて保護された、懐に抱かれた状態は、安

心と安全の極致です。この安心と安全への欲求はスキンシップでの欲

望に置き換わり、無意識となります。


スキンシップが脳にもたらす生理的変化はセロトニンが脳内に分泌され、

自信が高まるとされています。自信は心の情緒安定となり、興奮や不安

は鎮まり、安らかな眠りにつけるのです。母の添い寝はこのような効果を

もたらします。無意識にスキンシップが甘えと依存、安心と安全の欲求と

して登録されます。この欲望は一生涯続くものとなります。

   <参考著書 『運命は名前で決まる』 惟能創理著 >


夜遅くのスーパーやコンビニで小さいお子さんを連れたお母さんやお父さ

んが買物をしているのを見かけますが、睡眠はさまざまな活動や新陳代

謝を促す成長ホルモンを分泌させると同時に脳と体を調整したりするの

にとても大切です。

お子さんはできるだけお母さんが添い寝をして、子どもの寝る時間に布

団に入り、たっぷりと睡眠をとれるようにしてあげてください。



オールOKの子育てをお薦めいたします。


参考サイト ラカン精神科学研究所

オールOK!子育て法




インテグレーター(精神分析家) 幸司 満月(さちつかさ みつき)

☆やさしい心理学講座



☆『子育て相談会』日時 平成22年 10月13日 14:00〜16:00


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
添寝!安心と安全! セラピールーム燦燦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる